行方不明だった男の子が発見された事について

行方不明だった男の子が発見された事について

行方不明だった男の子が発見された事について
今日ニュースで観たのですが、函館の七飯町山林で行方不明になっていた小学2年生の男の子が捜索7日目にして要約発見されたと言う事で本当良かったですね。

実際男の子を発見したのは自衛隊員の方と言う事で、男の子は親に置き去りにされてから細い道を歩きながら約5km程離れた自衛隊の演習所の中で雨や風をしのいでいたと言う事で、また演習所の外側には水が引かれていて飲めるようにもなっておりその水を飲みながら何んとか命を繋いでいたと言う事のようだったので、これは行きついた場所がそこで逆に良かったと思いました。

水もあり寒さも守るところがありと二つ重なった事で体力も持ってこれたと思うのでこれがもしなかったら男の子もどうなっていたか解りませんし、まずは無事でいた事がなによりでしたね。

またここの演習所冬場は使われていないそうですが、それ以外は普段だと3日置き位のペースで使われていると言う事でたまたまこの時はなぜか1週間位程使われていなかったらしくこれがいつも通り行われていたらもしかするともっと早く発見されていたかもしれませんね。

中々そういったところはこういう時の言うのはタイミングが上手くいかないものですね。

でも本当安心しました。

そして今回発見された男の子の小学校で運動会が行なわれると言う事で、本当だと先週行われる予定だったみたいでしたが、皆さん発見されるまで延期されていたと言う事で男の子にとっては忘れなれない感動的な運動会になりそうですね。