転職記念日

転職記念日

転職記念日
40歳になって数か月が経った主人が転職をしたいと言い出したのが3か月前のこと。
うちには小6の双子男児があるので、まずは、収入が減ることが頭に浮かんだ私。
このままでは、生活が苦しくなるので、今まで勤めていたアルバイトをやめ、
私も正社員として働くことに決めた。
私の就職活動は順調だった。近くで、土日祝が休みで、お給料もそこそこという
事務の正社員の仕事が見つかった。
主人はというと、片っ端から落ちた。
主人がなぜ落ちるのかを私なりに分析をしてアドバイスをしたり、面接の練習もした。
転職となると、基本的にはお給料が減額になると覚悟はしていたが
あまり今の生活を変えずに済む範囲で、となると、受けられる会社も当然かなり少なかった。
面接に行く会社の下見にもいった。
そんな中、先週、家族で下見に行った会社が良い返事をくれた。
短いようで長い3か月だった。
内定が決まり、明日、主人は10年以上務めた会社に辞表を出す。
本当に辞めてもいいのだろうか。転職してから後悔することのほうが多いのでは
ないだろうか。転職した先でちゃんと仕事をやっていけるのだろうか。
実は、私自身も、事務と言っても今までに経験したことのない職種のものに就いたばかり。
何度か転職もし、比較的人間関係を築くのも得意なほうだ。
そんな私でも、畑違いの職種内容に今戸惑って、手こずっている。
主人は、私よりずっと不器用だと思う。
私よりずっと人間関係を築くのも苦手だと思う。
そんな主人が転職する。
深くは聞かなかったが、今の職場に対してよっぽどの思いがあるのだろう。
明日、主人の上司はどんな顔をするのだろうか。