髪を染めるときの注意

髪を染めるときの注意

髪を染めるときの注意
おしゃれ・白髪対策にかかせない髪染めですが、頭皮への負担の大きいものもあります。
髪染めを使う際は気をつけましょう。

髪染めはよく染まるか、ムラはできないか? とかそんなことばかり気になってしまいますが、実は頭皮は相当なダメージを受けてしまっているのです。
例えば、頭皮のかぶれはよく起こることかもしれません。この髪染めによるかぶれは頭皮や髪の生え際など、直接髪染めの薬が皮膚についた部分です。ここがかゆくなり、ぶつぶつと出来物ができたり腫れたりと炎症してるのです。ちょっとかぶれてるだけーすぐ治る。とか思わないでくださいね。こんな症状があるのに使い続けると、さらに症状がひどくなってしまうのです。
アレルギーは突然重い症状となって起きてしまうかもしれません。この場合のアレルギー症状は頭皮だけではなく全身症状となって現れます。
蕁麻疹や呼吸困難になる危険もあります。

髪染めをする場合は必ずパッチテストをしましょう。
体調がよくないとき、生理前後は避けましょう。